相続税対策?!対策方法も正しい認識を持つことが大切

相続税対策を考えておく事

親子関係でいるとどうしても相続ということを気にします。親がどれだけの資産を持っているのか、また親自身としても出来るだけ資産をそのまま子供達に残したいと考えています。また昨今、相続税の非課税枠の計算が変更になり、同額の資産を持っている場合に相続税を計算したときには新しい計算方法の方が控除額が少なくなるケースが多いようです。そのためできるだけ効果的に相続できるようにマスメディアを通しても、いろいろな手法が紹介されています。

非課税枠110万円の認識

一番有名なのが贈与税の非課税枠の110万円という手法です。例えば生前にでも年間110万円を限度として贈与することができるという方法なので、これを10年間続けると、総額で1,100万円を非課税にて贈与することができます。しかし、これは年間の総額で110万円までなので、父親から110万円、母親から110万円の年間合計で220万円を贈与された場合には課税されます。あくまで贈与された金額のトータルで110万円と言う点に注意が必要です。

正しい対策と認識されるためのポイント

また贈与のやり取りを受ける側も贈与されたという認識を持つことが大切で、親が子供の知らないうちに一方的に子供名義の口座に110万円を振り込んでいただけでは認められないケースもあります。そして贈与された場合には、譲与税の必要がなくとも申告書を作成しておき贈与があったことを報告しておくことも後々問題になる可能性も低くなります。また毎年贈与を行っている場合に、最初から1,100万円を贈与しようとしていたと判定された場合にも課税される可能性があるために、毎年110万円の贈与契約書を作成しておく等の手当をしておくことも必要です。

相続税対策として贈与を活用するのはどうでしょう?贈与は、年間110万円までなら税金がかからないそうです。毎年コツコツと贈与をすることでも税金対策になるのではないでしょうか。