夢のマイホームに向けての土地探し

立地条件における土地の価格変動

注文住宅を買おうとするとき土地の立地については皆さん一度は考えると思います。

会社に行くまで電車通勤の方は駅までの距離を重視したり買い物をするのにスーパーへの距離や緊急時の病院の近さなど考え方については人それぞれです。例えば子供がいるご家庭では保育園や小学校、中学校までの距離などこの先を見据えたところに建てたい・買いたいと思うはずです。

地域によって差はあるものの駅が近く買い物への交通の便がよく学校など公共施設が近くにあるところは坪単価は高めになります。

自分たちの予算と見合い住宅土地選びでどこを優先として選んでいくかを慎重に検討することをお勧めします。

分譲地などの造成地について

全国的に新しいニュータウンが出来てきて建売や注文住宅なども増えてきています。

土地を購入後家を建てるまで今では耐震の関係もあり地盤の調査が一般的になりつつあります。かつて川や田畑だったところに家を建てるとなると地盤が緩んでいて地盤改良費で多額を取られる可能性もあります。そんなときには市役所や土地を購入したお店に行き昔のその地域の写真を見させてもらうことをお勧めいたします。

近くに川や用水路があった場合は土を掘り下げても緩い場合が多いです。土地購入後に損をしないために念には念を入れて調べることも大切です。

土地購入の際の補助金

消費税率が上がってから購入者を補助する補助金を国や市で行っています。

「住まい給付金」や「住宅エコポイント」など建売の物件や注文住宅で家を建て決められた審査を受けると住宅購入にかかる際に使える商品券や給付金がもらえます。

各市町村でも土地を購入した際の所得費用の軽減を行っていたりと消費税率の増加に伴う悪化や低迷を防ぐために政策が行われています。「住まい給付金」などを活用すれば自己資金以外に引き渡し後戻ってくる分もあるためそこも踏まえて住宅土地選びをしていきます。

二世帯住宅やバリアフリー住宅など、こだわりの注文住宅を建てるためには、経験豊富なハウスメーカーを選ぶ必要があります。