0円で家に住んでみてはどうでしょう

持家と賃貸ではどちらがお得か

持家と賃貸とではどちらがお得かは、多くの方が気になることでしょう。答えはずばり賃貸です。賃貸は家賃を毎月支払う必要がある上に、最終的には何も残りません。それでも持家と比較すると、住居にかかる費用を大幅に圧縮できます。しかし、これは持家を新築で購入した場合の話です。中古でマンションを購入しリノベーションをした場合には、賃貸よりお得になります。特に5年以内に売却する場合には、その間の住居にかかる費用を0円にすることも可能です。

住居にかかる費用を0円にする方法

中古マンションの購入費用とリノベーション費用を合わせても、新築マンションの7割ほどにしかなりません。工夫次第では5割以下にすることもできるのがリノベーションの特徴です。住居にかかる費用を0円にするためには、築年数20年以上のマンションを選ぶこと、500万円ほどでリノベーションを行うことが重要です。この物件を5年以内に売却すると、マンション購入費用とリノベーション費用を合わせた価格で売却することができます。つまりこの5年間はタダで家に住めるというわけです。

立地を厳選すればスムーズに売却できる

リノベーションマンションは、今非常に人気となっています。特に若い世代の方は、新築よりもリノベーションマンションを好む傾向にあります。さらに立地を厳選することで、5年後にスムーズに売却することが可能です。最寄り駅から徒歩10分以内、最寄り駅から主要駅まで15分以内で行ける立地であれば、買主がすぐに見つかるでしょう。ライフスタイルに合わせて家は住み替えていきたいと考えている方は、リノベーションを検討してみてはいかがでしょうか。

マンションの売却は、築年数が経っていないほうが高く売れます。人気があるところは、購入価格より高く売れます。